Mac

【レビュー】人柱覚悟で最新のmacOS Montereyにアップデートしてみた!

2021年10月26日

毎年恒例(?)になってきた最新OSレビュー記事!

あっ、でもCatalinaのとき書いてなかった(汗)

と、とにかく!

新しいOSはどんなもんなのか?大丈夫なのか?

少しでも情報集めたいですよね?

わかります。

本当はぼくもそうです(笑)

そんなあなたのリクエスト(?)にお答えするべく、今年も人柱覚悟で突撃でーすwwwwww

今の時点でわかってること、すべて報告しまっす!!

レビュー前にちょっとだけ前情報〜macOS Montereyについて

Montereyとは、カリフォルニア州の都市のこと。読み方は「モントレー」

Safariの日本語翻訳やシステム全体の翻訳、写真に書いてあるURLに飛ぶことが出来たり、iPadの画面とMacの画面がシームレスに連携できるようになたりと、けっこうすごい機能・特徴が盛りだくさんなんです!

詳しいmacOS Montereyについての情報は、『macOS Monterey(Apple)』をチェック!

実際使ってみた正直なレビュー『良い点』

では実際に使ってみて、「これいいな!」と思ったところを紹介します。

ここもぼくが実感でき次第、増えていく予定です(笑)

Safariの翻訳機能がついに日本語でも実装!!

macOS Big Surの頃から話はあったが日本語では実現せず。。。

が、ついに!

macOS Monterey 12.0.1で実装されました!!

使い方はめっちゃカンタン(^o^)/

SafariのURLバーの右側にある「翻訳ボタン」をクリックするだけ!

画像で説明すると、、、

翻訳ボタン

この赤枠の「翻訳ボタン」をクリック→「日本語に翻訳」をクリックすれば、すぐにページ全体が日本語に翻訳されます!!

翻訳が変なときは、「翻訳ボタン」クリック→「翻訳の問題を報告」から、Appleへ報告することもできます!!

※翻訳ボタンは、日本語に翻訳できる外国語のサイトを閲覧中のときのみ、表示されます。

なので日本語のサイトを見ているときは、このボタンは表示されません。

ちなみに、ページ一部だけの翻訳もできます。

やり方は、

翻訳可能な外国の文章を選択→右(副)クリック→翻訳を選択

するだけでOK!

絵にするとこんな感じ↓↓↓

翻訳箇所選択2

赤枠「”◯◯”を翻訳」クリックで、、、

翻訳

このように、日本語訳が表示されます。

さらに「翻訳をコピー」することもできますし、再生ボタンを押せば、音声での読み上げもできます!

これ、英語を勉強するときにも、かなり役に立つと思います!!

翻訳スピードもスムーズ、というかシームレスですし、他の翻訳機能や拡張機能は、もはや必要なし!!

おそらくMacの翻訳機能界隈は、幕を閉じることでしょう。

デフォルトで使えて、めっちゃ高機能だから。

Safariの「タブグループ」が便利!

これ、実際に使ってみたら、予想以上に便利!!

タブグループは、1つのSafariのウィンドウで、複数のタブをグループにまとめて管理できる機能。

文字だけだとわかりづらいので、実際の画面を見ましょう!

例えば、、、

Safari開きまくりの図
赤枠Safariいっぱいヤバス。。。

今までこんな風になっていたSafari複数開きまくり状態を、、、

タブグループでスッキリSafari
1つのSafariでスッキリ!

1つのSafariの画面に、スッキリまとめられます!

画面表示の切り替えは、左側サイドバーの、

タググループで切り替えられる

この赤枠内のタブグループ名をクリックすることで、瞬時に切り替えられます!!

これ、文章で見てるだけだと微妙かもですが、実際に自分で使ってみると、、、きっと感動しちゃいますよ!

ほんとこれいい!!

で、まとめ方(タブグループへの追加方法)も簡単!

まずSafariにフォーカスした状態で、「shift+⌘+L」を押すか、

Safariの画面左上の、、、

サイドバー表示

赤枠のマークをクリックすると、

新規タブグループ追加2

このように表示が変わりますので、

「+」をクリック!

新規タブグループ追加3

さらに「3個のタブで新規タブグループ」をクリックすると、

新規タブグループ追加4

このように、Safariで開いていたタブの全てが、1つのタブグループとして表示されます。(タブグループの名前は、自分で入力しました。)

ね?簡単でしょ?

Safariの使い勝手がめちゃ向上してます!

Safariの「コンパクトなタブバー」

Safariのコンパクトなタブバー、なかなかいい感じです!↓↓↓

コンパクト-新表示

表示が一列になってコンパクト!

今表示しているタブがURLバーになるので、邪魔感がないです。

ちなみに今までのはこれ↓↓↓

セパレート-従来表示

どっちがいいですか?

もうこれはほんと好みの問題(笑)

コンパクトなタブバーに変えたい時は、「Safariの環境設定」→「タブ」から変更します。

※Safariの環境設定は、[⌘+,]で素早く呼び出せます(^o^)/

Safari環境設定-タブ-コンパクト

赤枠「コンパクト」クリックすればOK!

テキスト認識表示

画像内のテキストを読み取って、

  • 文章をコピーする
  • 電話番号を保存する・電話をかける・メッセージを送信する
  • 住所をマップで調べる
  • リンクに飛ぶ

こんなことができるようになりました。

ただし、対応してる言語が

英語・中国語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・ポルトガル語・スペイン語

なので、、、

日本語は、まだ対応してないのです。。。

現状、日本語の文章をコピーしても、文字化けしちゃいます。。。

ただ、英文や数字は問題なく認識できるので、リンクに飛んだりはできます!

それだけでも、ちょっと感動ですよ(^o^)/

日本語への対応を待ちましょう!

あ、あと多分初期状態ではこの機能OFFになってるので、「システム環境設定」→「言語と地域」で、

テキスト認識表示の設定

「テキスト認識表示」の赤枠にチェックを入れれば、認識できるようになります!

※テキスト認識、パソコンで打ったものは問題なく認識してくれるようですが、手書きで書いたのものだと、ちょっと精度はまだ低いかもです。

大体の文字は正しく認識されますが、ほんの一部分だけ読み間違ってて、みたいな感じです。

とはいえ、ぼくの字が汚いのが原因かもしれないので、なんとも言えませんがwwwwww

システム全体の翻訳

「Safariで〜」とか「特定のアプリ内で〜」とかじゃなく、Macのほぼあらゆる場所のテキストを翻訳できます!

他社製アプリ内でも、できるものはできるようです。

ただ「完全に」じゃなく、「ほぼあらゆる」なので、できないとこももちろんあります。(実際にやってみた感じ、翻訳が機能しないとこ、まぁまぁあります。これからの対応に期待!)

とはいえ、これ、すごいですよね。

だからMac使ってて翻訳したいとこがあったら、とりあえず、

翻訳したい文章選択→右クリック→翻訳

ができるかどうか、積極的に試してみましょう!

実際使ってみた正直なレビュー『イマイチな点』

Mac大好きですけど、これは正直に言いますよ。

言っちゃいますよ?

とか言いながら、今のところ特にありません。

何か見つかったら、ここに追記します。

macOS Montereyの疑問に答えるコーナー!

ちょっとここに、質問コーナーをまとめてみました!

気になるとこ、見てみてください(^o^)/

いつリリースされた?

macOS Montereyの日本での一般リリース日は、2021年10月26日でした。

ちなみに、ここ最近のmacOSの一般リリース日は、こんな感じ。

Big Sur2020年11月13日
Catalina2019年10月8日
Mojave2018年9月25日
High Sierra2017年9月25日
macOS(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)より

Montereyの動作は重い?

特段重さは感じません。

とくに変化なしかな。

アップデートすべきか?

ぼくは「すぐにアップデートすべき派」です。

理由は、、、

  • 単純に、新しいものにわくわくするから
  • 人柱になってでも、新しい機能をいち早く使いたいから
  • 不具合あったら発信したいから

「こんな不具合がありました」って報告は、日々あがるでしょうが、その情報がすべてネットにあがるわけじゃないと思っていて。

なので自分で使ってみて、少しでも多くの情報を提供したいと思うので、やっぱり最新のものを使いたいんです(^o^)

Appleのサイトでもこう言われてます。

最新の機能を使えるようにするため、また、Mac のセキュリティを守り、安定性、互換性、パフォーマンスを維持するためには、ソフトウェアを常に最新の状態にしておくことが重要です。Apple では、お使いの Mac と互換性がある macOS の中でいちばん新しいバージョンを常にご利用いただくよう、おすすめしています。

以前のバージョンの macOS を入手する(Apple)

だから、できる限り新しいOSの、最新のバージョンを使うのがベスト!

そういう意味で「アップデートすべきでしょ!」って。

とはいえ、、、

  • 仕事の都合上
  • いつも使ってるアプリ(ソフト)が最新OSだと動かない or 挙動が安定しない
  • 人柱になりたくない

などの理由で安定性を求めるなら、最新のOSではなく、今使ってるOSで最新のバージョンを使うのがきっとベスト!

そもそも長年Macを使っていると、最新OSがアップグレードの対象外になってしまうってことも、充分ありえますからね。

ただ今のところ、ぼくのMacは最新OSのアップグレード対象になってますので、ガンガンアップグレードします。

ぼくにとって一番大事なのは、

「わくわくするかどうか」

なので(^o^)/

High Sierra以降こんな調子で、最新OSが一般リリースされたらすぐにアップグレードしてきましたが、今のところ致命的な不具合はなかったですし、

まぁ、何か重大な不具合があれば、

Time Machineで元に戻せばいいや

って思ってるので。

現OSと新OSをデュアルブートして様子を見る、って手もありますけどね!

macOS Monterey〜アップグレード対応機種

Montereyへのアップグレード対応機種は、これらです。

Mac ProLate 2013以降
Mac miniLate 2014以降
iMacLate 2015以降
MacBook AirEarly 2015以降
MacBook ProEarly 2015以降
MacBookEarly 2016以降
iMac Pro2017以降
あなたのMacがmacOS Montereyに対応しているか、
確認しましょう。(Apple)
より

ぼくのMacは『MacBook Pro (15-inch, 2017)』なので、まだいけます!

必要な空き容量

通知-Monterey

ぼくのMacに来た通知を見ると、OS自体は12.13GBとなってますが、macOS Montereyにアップグレードするのに必要なストレージの空き容量は、、、

OS必要な空き容量
macOS Sierra 以降のOS26 GB
それ以前のOS44 GB

とのこと。

空き容量が足りない場合は、Mac ストレージの空き領域を増やす(Appleサポート)を参考にして、空き容量増やしましょう!

アップデート前の注意点

ぼくは「Time Machineで戻せばいいや」くらいに思ってるので躊躇なくアップデートしますが、そうもいかないという方がほとんどだと思うので、アップデートする前の注意点を書いておきます。

普段使っているアプリは使えるか?

仕事で使っているアプリ、普段から使っている大事なソフトって、きっとあると思います。

全部とは言いませんが、とくに「これ動かなくなったらシャレにならん!」ってものは、アップデート前に確認した方がいいでしょう。

とくにCatalina以前のOSからMontereyにアップグレードする場合は、macOS Big Surから始まった、、、

  • kextをサポートしなくなった点
  • M1チップ関係のこと

ここら辺は、一度、調べた方がいいかもです。

会社関係の方は特に。

事故は未然に防ぎましょう!

事前にバックアップを取る!

Appleのこちらのページを参考に、必要なファイルやOSのバックアップをとりましょう!
Mac のバックアップ(Appleサポート)

iCloudを利用して、ファイルを保存することもできますが、ぼくのおすすめはTime Machineを使ってのバックアップ!

Macをまるごとバックアップできるので、安心感も高く、手っ取り早いです!

外付けのストレージさえ用意すれば利用できるのも、魅力的。

ただ、エラーが起きて復元できないという場合も中にはあるようなので、Time Machineさえ使えば、100%大丈夫ってわけではないです。

できれば、2重3重にバックアップを用意して、もしもに備えるのがベスト。

パソコンなので、こればっかりは仕方がないんですよね。

リスクヘッジは、パソコン使うときの基本(^o^)/

消えた後に文句言っても、返って来ませんからね。。。

macOS Montereyにアップグレードしましょ!

といっても、画面の指示通りにやっていけば、難しいことはなく、アップグレードできます。

いちばん大事なのはきっと、「どれくらい時間かかるの?」ってことかと思うので、ちょっと詳しく書きます。

あ、ごめんなさい、その前にちょっと訂正がありまして、、、

macOS Big Sur 11.6.1にアップデートしなくても、Montereyへのアップデートは問題なくできます!

macOS Big Sur 11.6からでも、大丈夫でした。

この記事の冒頭に貼ったツイートの内容は、ぼくの勘違いでした。

すみません。

では、所要時間いきましょう!

所要時間

約 1時間20分

  • ネット環境は、自宅のWi-FiのG(11n)で接続。ルーター本体がある隣の部屋で行った
  • ダウンロード 40分+インストール 20分+再起動 23分
    = 合計 1時間23分

なので、Aの電波かつ近距離でやれば、ダウンロード時間はもう少し短縮できたかなと思います。

ちなみにBig Surのときは1時間25分でしたので、ほぼ同じ感じです。
【パソジユ速報!】macOS Big Surを実際に使った感想>所要時間

しっかりまとまった時間があるときに、アップデートした方が良さそうです(^o^)/

もしなにか不具合が起きたら、もっと時間かかるでしょうし。

こんなとき、どうすればいい?〜不具合など

ぼくの手元で起きたことを、まとめます。

なにか不具合とか困ったことが起きたら、ここに追記します。

Google日本語入力がなくなった??

入力ソースを、デフォルトのライブ変換以外のものにしてる人に、これが起こるかもです。

ぼくはGoogle日本語入力を使ってるのですが、「あれ、ライブ変換変換で入力される。。」みたいな(笑)

安心して下さい、多分大丈夫!

これは入力ソースがデフォルトの設定に戻ってるからこうなってるっぽいので、そこを元に戻せばOK!

「システム環境設定」→「キーボード」→「入力ソース」

へ行きます。

一番早い行き方は、画面右上のフォントマーククリックして、、、

ローマ字入力-環境設定

「"日本語 - ローマ字入力"環境設定を開く」をクリックかと!

すると、

入力ソース追加

この画面になりますので、赤枠の「+」ボタンで、今まで使っていた入力ソースを追加すれば解決です!

Safariで日本語に変換されない

Safariの翻訳ボタンを押しても、日本語に変換されなくなる時がありました。

そんな時は、、、

Macを再起動!

これで直りました!!

まとめ:macOS Montereyで、快適なMacライフを!

macOS Montereyの使い心地は最高!!

単純に新しいものってワクワクするし、気持ちいいです(^o^)/

人柱のドキドキ感もあるし(笑)

遠慮なくアップデートできる方は、新しくしちゃいましょ♪

記事執筆:スティーブ

-Mac
-