ブログで稼ぐ

【パソジユ直伝!】ブログで稼ぐ方法【必要なものと具体的な仕組み】

2021年7月31日

「ブログで稼ぐって、なんか難しそう」

多分、こういう第一印象の人が、多いのではないかと思います。

そもそも学校で教えてくれるものでもないですし、無理もありません。

そこでこの記事では惜しみなく、別料金にもせず(笑)ぼくが3年間ブログを運営して得た知識・思ったこと・感じたこと、つまり実体験を基に、ブログで稼ぐ方法を書いていきます!

たとえば、、

  • ブログで稼ぐ方法・仕組み
  • 必要な知識
  • 具体的な手順

これらを適度に掘り下げて、紹介していきます。

それとこの記事では、ブログをすでに作っていることを大前提として、話を進めていきます。

なので、まだブログを持ってない方は、最初に以下の記事を読んでサクッとブログを作っちゃいましょう!
ブログの始め方【初心者の疑問を解決しちゃうぞ♡】

※この記事はこれまで3年間、ブログを運営してきた経験・実験データ・勉強したことをもとに、ぼくの主観たっぷりに書いてます。

なので、ここで言ってることが、すべてのジャンル・サイト・ブログに当てはまるとは限りませんし、文中に出てくる数値ががっちり正しい数値とも限りません。

文中に出てくる数値はあくまでもざっくりとした、ぼくが経験してきた感覚値・主観値として捉えてください。

とはいえ、嘘・おおげさ・煽り目的は、一切ないです。

そこは本当に、経験に基き、正直に書いております。

じゃ、さっそく行きましょう!

まずは説明から!

ブログで稼ぐ方法・仕組みは「広告✕集客」

ブログで稼ぐ方法・仕組みは至ってシンプルで、

ブログに広告を貼って、商品を売る

ただこれだけ。

、、、だと怒られちゃうので、掘り下げていきます。

ブログで稼ぎたいと思う時、ぼくが頭の中で考えてることは、

売上=広告✕集客

です。

この数式が、ブログで稼ぐ方法の基本。

ブログにおける売上はざっくりいうと、「広告」と「集客」で決まるってことです。

この「広告」と「集客」の種類は、こんな感じ。

<広告>

  • 自社商品の広告
  • 他社の素晴らしい商品の広告

<集客>

  • 検索エンジンからの流入
  • SNSからの流入
  • メルマガでブログ記事を紹介する
  • お金払って、自分のブログを広告で宣伝する

この「広告」と「集客」の中から自分がやりたいものそれぞれ選び、マネタイズすればOK!

この記事では、

  • 「広告」=他社の素晴らしい商品の広告
  • 「集客」=検索エンジンからの流入

つまり、検索エンジンから集客して、アフィリエイトで稼ぐ方法をメインに話していきます。

この方法が一番とっつきやすく、効果も高いと思いますし、ブロガーとして生計を立てるには、絶対に必要なスキルなので。

具体的な手順

もっと具体的に言うと、、、

  1. 広告選定
  2. キーワード選定
  3. 競合調査・必要記事分析
  4. 記事執筆→リリース
  5. 必要な記事をさらに追加
  6. 既存記事のリライト

実際にこれらをやり、ブログ記事で稼ぐことを目指していきます。

これらをもっと具体的に詳しく言うと、、、

  1. ASPに登録し、売る商品を決める or 自分オリジナルの商品を開発する
  2. その商品の購入に繋がりそうな検索キーワードを、キーワードプランナーやUbersuggestで選定する
  3. 選定したキーワードを実際に検索し、結果に表示された上位10位以内の競合サイトを実際に見て調査する。
    このとき、必要に応じてRank Trackerを使い、記事に必要な内容・何記事必要かなどを分析
  4. 記事を執筆し、リリース(投稿)する
  5. 必要な記事を、どんどん書いていく
  6. 1〜3ヶ月経ったらRank Trackerで記事の順位を見て、必要に応じて、リリース済みの記事をリライトして、上位表示を目指す

こんな感じ。

広告はテキスト広告がおすすめ!

マネタイズの戦略や、集客層のネットリテラシーによっても変わりますが、広告は基本的にテキスト広告が一番いいと思います。

バナー広告だと、広告ブロックブラウザでブロックされ、全く表示されないという可能性もありますので。

ですので、広告はバナー広告ではなく、テキスト広告を使いましょう!

※広告ブロックブラウザを使うってことは、その人は日頃から「ネットの広告ウザい」と思ってる証拠。

であれば、ぼくたちも最大限ユーザーに配慮し、ウザいと思われるような広告はなるべく使わない方が、喜ばれるはず。

なのでウザいくらいに乱発するバナー広告は少なくして、ちゃんと話の流れで紹介する感じの、無理のないテキスト広告をメインにするのが一番いいと考えます。

最近はぼくも使っている『Brave』のような、素晴らしい広告ブロックブラウザも出てきてますので、バナー広告でマネタイズする戦略は、将来的にかなりキツくなるはず。

だったら最初からバナー広告使わなければ、余計な対策を考えたり、悩んだりする時間がなくなって超絶時短になるから、ずっといいと思います。

ぼくらにとっても、ユーザーにとっても(^o^)/

ブログで稼ぐために必要なもの

ここで、ブログで稼ぐために必要なものをまとめます。

  • 広告
  • キーワードプランナー+Ubersuggest(or ラッコキーワード)
  • Rank Tracker
  • セールスライティング

この4つ。

とか言われても「??」ですよね。

そこで、ブログで稼ぐための予備知識の話をします。

ブログで稼ぐために必要な予備知識

ブログで稼ぐには、ある程度の予備知識が必要。

たとえば、、、

  • クリック報酬型広告と成果報酬型広告、どっちがいい?
  • とにかく広告を貼れば売れる?
  • 記事は「集客記事」と「マネタイズ記事」の2種類
  • 商品を売るために大事なのは「キーワード選定」と「1位を取ること」
  • 売上を最大化する【PV×CTR×CVR】
  • 売上を上げるために一番重要なのは「記事数」

これらの内容について、1つずつ解説していきます!

これ知らないと、かなり差が付いちゃうので(^o^;)

クリック報酬型広告と成果報酬型広告、どっちがいい?

結論:成果報酬型広告

広告は、大きく分けて2種類あります。

  • クリック報酬型広告
  • 成果報酬型広告

さて、どちらがいいか?

断然、「成果報酬型広告」がおすすめなんですよ。

「初心者なら、クリック報酬型の広告をブログに貼って、まずはお金を稼ぐ感覚を得ましょう!」という意見もあると思いますが、パソジユでは、非推奨です汗

なぜならぼくらが本当に学びたいのは「小銭を稼ぐ方法」「お金を稼ぐ感覚」「お金を頂いて、ありがたいという気持ち」ではなく、「5万円とか10万円とか20万円とかの、まとまったお金を稼ぐ方法」だから。

しかも、なるべく早く達成したい。(だからこそ、本当は「インプレッション報酬型広告」ってのもありますが、この記事では無視してるのです。)

それに「お金を稼ぐ感覚」や「お金を頂いて、ありがたいという気持ち」は、みなさんもうすでに学んでるはずですしね(^o^)/

では、クリック報酬型広告と成果報酬型広告の特徴をまとめます。

【クリック報酬型広告】

<狙い>
ブログ読者が記事を読んでる合間やブログを巡回してるときに、気になる商品の広告を目にして思わずクリックするのを狙う感じ

<メリット>
とにかく広告がクリックされるだけで報酬が発生するので、最速で20円稼げる

<デメリット>
1クリックあたりの報酬が数十円なので、5万円10万円20万円稼ごうと思ったら、10万PV50万PV100万PVが必要になるレベルで、初心者には無理ゲー

<総括>
すでにブログのPV数が10万とか100万とかあるなら、クリック報酬型広告を貼れば、それなりに稼げるという感じ。でもそこに到達するには、初心者が試行錯誤して運営した場合、100記事も200記事も必要なはず。

なのでぼくの経験上、ブログ初心者が挑戦しても月に数百円、1年頑張っても月に数千円がいいとこ。

「これだけでがっちり目標額を稼ぐ」というよりは「これも使って収益を少しでも上げる」みたいな、お金を稼ぐ補助的な手段だと思った方が、無理ないでしょう。

単価に関しては案件次第ですが、一般的には数十円、良くても数百円という感じ。

たとえばクリック報酬型広告で単価も高いと言われる「Google AdSense」でも、20円〜30円くらいが平均値です。

【成果報酬型広告】

<狙い>
特定の商品を記事でがっちり紹介し、ブログ読者がその商品を欲しいと思って広告をクリック→購入を狙う感じ

<メリット>
報酬単価が1,000円とか5,000円とか、それ以上のものもあるので、ある程度まとまった金額を稼ぎやすい

<デメリット>
成果(商品購入・資料請求など)を達成しないと報酬が入らないので、実際、大きく稼ぐには「狙ったキーワードで1位を取る力」と「セールスライティングの力」が必要になるので、時間はかかる

<総括>
スキルは必要だが、報酬単価が高い分、実は少ないPVでも高報酬が期待できる。

だから100記事未満でも、大きく稼げる可能性は、クリック報酬型広告よりも高い。(適切なキーワード選定ができれば、確率はより高くなる。)

なので、これをメインにして収益を稼ぐ、って感じです。

もし「数十円でも数百円でも収益があった方が、自分はモチベが上がる」というなら、クリック報酬型広告を使って挑戦してみるのも、もちろんありです。

「いやいや、そんな金額じゃ足りないよ。ある程度まとまった金額を稼げるようになりたいんだって!」と思ってるなら、成果報酬型広告一択!

ただ正直なとこ、どっちを選んでも結局、一般的にプロもしくはセミプロと呼ばれるくらいのレベルにならないと、10万円とか20万円とかの高額を稼ぐのは、、、無理だと思ってた方がいいです。

ただし、5万円とか10万円、、、てか金額はいくらでもいいのですが、同じ目標額を稼ごうと思った場合、クリック報酬型広告を使うよりも、成果報酬型広告を使った方が、難易度ははるかに低い!

ブログで稼ぐは、誰でも使える魔法じゃない。

「すぐに誰でも手軽にスキマ時間で稼げる!」なんてのは、集客 or 目を引くための文句。

高額稼ぐには、実力が必要。

だからブログで稼ぎたいなら、今すぐ始めて勉強して経験積んで、どんどん挑戦するしかないのです(^o^)/

とにかく広告を貼れば売れる?

結論:売れません。

サイトやブログを見ると、広告貼ってるのがほとんどですよね?

ですが、広告をとにかくベタベタたくさん貼れば、稼げるわけではありません。

記事できちんと商品を紹介したり、読者に無理なく「あ、これ必要だ」と思ってもらって、初めて収益が発生します。

読者に価値を提供するから、対価を頂けるのです。

「なんだこれ、邪魔だなぁ」「必要ないよ」と思うくらい広告がベタベタたくさん貼ってあるサイトと、ほとんど広告を貼ってないサイト、あなたはどちらを利用したいですか?

ぼくは断然、ほとんど広告を貼ってないサイトがいいです。

なので、

読者に利益がない広告は、貼らない

が鉄則です。

  • 自分の収益を上げるためだけに貼った広告
  • 「買ってくれないかなぁ」「間違ってクリックしてくれないかなぁ」と期待して貼る広告

こんな広告は実際、無意味でしたし、そんなブログでは読者の信頼も得られませんので、やめた方が良いです。

誰のためにも、なりません。

なので、、、

きちんと価値を提供して、お金を稼ぎましょう!

記事は「集客記事」と「マネタイズ記事」の2種類

記事には、実は種類があって、、、

「マネタイズ記事」と「集客記事」の2種類

あるんです。

広告を貼り、商品を紹介して稼ぎを得る記事が「マネタイズ記事」

お客さんを呼ぶために書いた記事が「集客記事」

です。

なので、

まずマネタイズ記事を書き、次に商品の購入に繋がりそうな集客記事をどんどん書いてマネタイズ記事にリンクし、お客さんをどんどんマネタイズ記事に呼びこんで稼ぐ

ってことです。

このようにして、収益を増やしていきます。

商品を売るために大事なのは「キーワード選定」と「1位を取ること」

この記事では「検索流入」で集客します。

なので、、、

検索から来た人への価値提供
=検索したキーワードに関する疑問・知りたいこと・困ったを解決すること

です。

だから、これをシンプルにやればいい。

そして、ブログで稼ぎたいぼくたちの一番の目的は、、、

お金を稼ぐこと

稼げないと仕事としてやっていけないので、ブログを専業で続けられないから、、、稼ぐことも、めちゃくちゃ重要。

そしてできれば、より多くの人にブログに来てほしい。

つまり読者の利益と自分の利益を、同時に最大限に満たすためには、、、

商品が購入される可能性のあるキーワードを選定し、そのキーワードで1位を取っていく!!

これが必要なんです!

よく記事の話で「上位を取る」と表現されますが、これって具体的には、、、

1位を取るってこと。最低でも3位以内。

みたいな感じです。

その理由は順位によって「クリック率」が違うから。

1位がダントツに高い。2位3位はけっこう下がる。それ以下はもっとダダ下がりなので、めちゃ低くなる。

もちろん、10位でも集客効果が充分見込める場合もありますが、それはキーワードの規模感や、検索結果に表示されてる競合記事次第なので、リリースしてみないとわからない。

でも多くの場合、1位が一番効果高くて、10位はめちゃ低い。

だから1位を目指すことが、めちゃくちゃ大事なのです!!

売上を最大化する【PV×CTR×CVR】

これは超有名なプロブロガー・マナブさんを始めとした、さまざまなプロブロガーが言及してる考え方で、ここでは、

  • PV=ページビュー数
    →記事が表示された回数
  • CTR=クリック率
    →記事が表示された回数に対して、その記事の中にある商品の広告がクリックされた回数の割合
  • CVR=コンバージョン率
    →広告がクリックされた回数に対して、商品の購入数の割合

と定義します。

このとき、

PV×CTR×CVR=商品の購入数

となります。

なので、PV・CTR・CVRの、3つの要素のどれか1つでも改善すれば、売上が上がります。

これらの数値を上げる方法は、、、

PVは「集客数」なので、より多くのお客さんを呼んでくること!

CTRは「広告のクリック率」なので、その広告をクリックするまでの流れ(記事の内容)に無理がなく自然&読者が知りたいことに、しっかり答え切る(安心&納得してクリックしてもらえるような文章を書く)こと!

CVRは「広告がクリックされた回数に対しての、商品購入数の割合」なので、読者がいざ購入するときに、何の不安も疑問もなく、「買いたい!」と思ってもらえるような記事を書くこと!

と、ぼくは考えます。

「誤クリック」や「買う気はないけど、クリックしてみただけ」「購入画面での操作が面倒で、結局購入されなかった」みたいな理由で、CTR・CVRが低くなることもありますが、それは無視していいです。

なぜならそれらは、自分ではほとんど、どうにもできないことだから。

自分ができる改善策を、最大限やる!!

これが大事なのです(^o^)/

上の「PVは〜」の黄色枠を、すこし違う言葉で繰り返します。

PV×CTR×CVRの改善に必要なことは、、、

  • 商品に関係ありそうな、さまざまなキーワードで検索上位を取得すること(PVの改善に繋がる)
  • 読者の悩み・解決したいことを把握し、解決すること(CTR、CVRの改善に繋がる)
  • 文章力を上げること(CTR、CVRの改善に繋がる)

この3つ。

PV、CTR、CVR、、、どれも本当にすごく大事。

ただ、、収益をコンスタントに上げていきたいならば、一番大事なのは、、、

PV!!

売上を上げるために一番重要なのは「記事数」

そう。

売上を上げるのに一番大事なのはPV、もっと突っ込んで言うと、

商品購入に繋がりそうなキーワードに対して書いた「記事」を増やすこと

です。

つまり、「記事数」

めっちゃシンプルです。

これだけ。

もちろんこれ以外にも、

  • なるべく単価の高い商品を売るようにする
  • 扱う商品自体の数を増やす

これらも、かなり効果があると思います。

ただ正直、物を売る記事(マネタイズ記事)自体は、あまり増やしたくない。

なぜならブログをあちこち見てもらったときに、物を売ろうとする記事が多いと「この人、どの記事見ても物売ってばっかりで、なんかイヤだなぁ」という印象になってしまうからです。

なので物を売る記事(=商品)は最小限にして、その物に繋がりそうなキーワードの記事(=読者の悩み・疑問の解決法)を増やして1位を量産していくのが、一番効果が高いよねって思うんです。

ちなみに前述したように、CTR・CVRを高めることでも売上は上がりますが、この数値はブログのジャンルによっても、日によってもかなり変動しますし、なにより高めるのも限界があります。

たしかに単純に「記事の質を高めて、読者に喜んでもらうため」には、めちゃくちゃ効果的ですが、「売上を上げるために」と考えると、PVを増やすことの方が、効果ははるかに高いとぼくは考えます。

PVには限界がありませんので。

だから、

  • 取得しているキーワードの順位を上げる
  • 新しいキーワードを取得する

これでPVをどんどん増やしていきましょう(^o^)/

あともちろん、単価が高い方が、売上を立てる難易度は下がるので効果的ですが、自分が興味もないような商品を、単価が高いからって理由だけで無理に売ろうとするのは、絶対にNG

読者に見抜かれ「不信感発生」→「コイツの言うことは信じたくない」→「買ってもらえない」のコンボになるので、ブログオワコンなんてことに。。。

商品は必要以上に増やさず、読者の疑問・ニーズに答える記事を増やして、売上UPを目指しましょう!

ブログで稼ぐ方法【具体的な手順】

知識も一通り紹介したので、もう一度おさらいします。

ブログで稼ぐ手順は、大きく分けてこの2つ。

  1. 広告を選定する
  2. 記事を書いて集客する

これを具体的に細かく順序立てると、記事の冒頭で紹介したように、、、

  1. 広告選定
  2. キーワード選定
  3. 競合調査・必要記事分析
  4. 記事執筆→リリース
  5. 必要な記事をさらに追加
  6. 既存記事のリライト

もっともっと具体的に書くと、、、

  1. ASPに登録して、売る商品を決める or 自分オリジナルの商品を、開発する
  2. その商品の購入に繋がりそうな検索キーワードを、キーワードプランナーやUbersuggestで選定する
  3. 選定したキーワードを実際に検索し、結果に表示された上位10位以内の競合サイトを実際に見て調査する。
    このとき、必要に応じてRank Trackerを使い、記事に必要な内容・何記事必要かなどを分析
  4. 記事を執筆し、リリース(投稿)する
  5. 必要な記事を、どんどん書いていく
  6. 1〜3ヶ月経ったらRank Trackerで記事の順位を見て、必要に応じて、リリース済みの記事をリライトして、上位表示を目指す

売る商品を決めて、その商品の購入に繋がりそうなキーワードで記事を書き、そのキーワードで検索結果の上位を取っていって、収益を上げていきます。

購入に繋がりそうなキーワードは複数あるので、それら複数のキーワードで上位を取り、必要に応じて商品紹介記事にリンクさせる。(リンクした方が効果は高いと思うが、不自然になるならしなくてOK)

これらを繰り返し、コンテンツを充実させ、売上を上げていきます。

では1〜6について、1つずつ見ていきましょう。

広告選定

ブログで稼ぐときに、まず必要になるものが、

広告

です。

広告は、大きく分けて2種類。

  • 自分で作ったオリジナル商品の広告
  • 誰かが作ってくれた素晴らしい商品の広告

つまり、自分で商品を開発して直接販売するか、ASPなどを利用し、自分以外の誰かが作ってくれた素晴らしい商品の広告をブログに貼って、収益化(マネタイズ)します。

ただ正直、知識もなにもない状態から自分オリジナルの商品を作ろうとすると、きっと難しすぎて挫折しちゃいます(^o^;)

なので、まずはASP(商品の広告を提供してくれるサービス)に登録して、良さそうな商品を見つけ、その商品の広告を、自分のブログ記事に貼ることをおすすめします!

ただ、広告にもさまざまな種類があるので、ぼくのおすすめ度が高い順に、それぞれ解説します。

ASP

ぼくが、一番おすすめするのは「ASP」

ASP(Affiliate Service Provider)とは、ざっくりわかりやすく言うと、いろんな商品の広告を扱っているサイトのことで、

「自社の商品を紹介して欲しい企業」と「商品を売って稼ぎたい人」を繋げてくれます。

たとえばASPのサイトを見ると、色んな企業のさまざまな商品が、カタログのように載っています。その中から「あ、これいいな」と思った商品の広告を自分のブログ記事に貼り、販売して報酬を得るって感じです。

案件によっても変わりますが、クリック報酬型広告も、成果報酬型広告も両方あります。

ただしASPは誰でも利用できるわけではなく、利用するには審査に合格する必要があります。

なので審査の前に、プライバシーポリシーなどを設置し、最低限のブログの骨格を作り込んでおきましょう!

記事数0でなんて申請は、なしですよ。

自分のブログ・サイトを「審査して頂く」のであって、「とにかく合格もらうために出すんだ〜」では、(合格できることもあるかもしれないけど、常識で考えたら)合格できるわけないので。。。

受かりたい会社に面接行くときに、履歴書適当に書いてなんて絶対に行かないじゃないですか?それと同じ感覚。

で、ぼくも実際に利用していておすすめなASPは、この6つ。

どれも登録は無料です。

特に「A8」は、ブログ初心者でも審査が通りやすい&扱っている広告数が豊富なので、まずはA8へ登録申請を出しましょう!

それ以外はぼくの経験上、ある程度以上記事数が増えてから(目安=10〜20記事くらい書いてから)申請した方がいいかなと思います。

登録は無料だし、全部登録して、可能性を広げましょう!

そんなに登録する必要ある?と思うかもですが、「このASPにしかない案件」や「こっちの方が単価が高い!」とかあるので、このくらいは登録してた方がいいですよ(^o^)/

Google AdSense

クリック報酬型広告の最大手!!

クリック報酬型広告の中でも単価が高く、読者それぞれに最適な商品を自動で表示してくれる広告なので、クリック報酬型広告としては、高い効果が期待できます!

ただしこれも使うには、審査に合格する必要があります。

ぼくはさんざんこの記事で成果報酬型広告をおすすめしてますが、Google AdSenseは取得しておいた方がいいと思います。

その理由は、、、

  • 読者が商品を必要としないようなジャンルでブログを運営している場合や、ある程度まとまったPV数(10万とか20万とか)で稼ごうと思う場合には、Google AdSenseも有効だから
  • Google AdSenseに合格しただけでも、「自分のブログはGoogleに認められてるんだ!」という自信がつき、モチベも上昇するから
  • 将来、選択肢が1つでも多い方が、マネタイズの戦略も広がるから

です。

参考までに、ぼくがGoogle AdSenseに合格したときの状況などを、こちらの記事にまとめました。
Googleアドセンスに運営1カ月、9記事でも審査通りました!!

Amazon Associate

成果報酬型広告。

言わずと知れた、通販サイトの最大手「Amazon」の商品の広告でアフィリエイトができます!

これもやっぱり利用するには、審査への合格が必要です。

Amazonアソシエイトは成果報酬型とはいえ、基本的に収益はかなり低め。

なので、まとまった金額を稼ぐには、どうしても圧倒的なPV数が必要になります。

なので、ブログ初心者がメインの収益源として使うには正直キツイ。

ですが日用品・本・電化製品などの様々な商品があり、認知度も抜群という強みがあります!

さらにAmazonプライムやkindleUnlimitedの無料体験登録のアフィリエイトも強い!

初心者がすぐにメインの収益源にするにはツライかもですが、将来の自分のために合格しておくと、選択肢も広がっていいですよ。

Amazonアソシエイト

自社商品・サービス

正直、これがあると一番強いです。

たとえば、「初心者でも稼げる!ブログ記事の書き方」「誰でもフォロワー爆増できるTwitter攻略法」みたいな記事を書いて、noteやBrainやインフォトップで販売するとか、

ココナラでスキルを販売するとか、

Andoroidアプリを作って販売するとか、

方法は、様々あります。

ただ、商品・サービスを作るという労力がかかりますので、ハードルは決して低くない。

なので、慣れてきたら挑戦してみるといいかなと思います。

もちろん興味があるなら、やってみるのもありです!

純広告

ブログの空いてるスペース(サイドバートップやブログトップの画像下のスペースなど)への広告を募集したり、企業から自分のブログに広告掲載の依頼が来て貼る広告のこと。

これも、収益の柱としてめちゃくちゃ強いですが、相当の実力がないと、まず無理。

こういうものもあるんだなと覚えておいて、まずはブログを育てましょう!

売りたい商品が見つからないときの対処法

ぶっちゃけ最初の頃ってけっこう「何売ればいいかわからない」みたいになるかなと思います。

商品見ても、なんかよくわかんない。そもそも商品数多すぎて、決められない、とか。

なのでそんなときはまず、

今、自分の使ってるものを見る

たとえばWordPressのテーマとか、サーバーとか。

すると、意外とそれらにアフィリエイトプログラムがあったりするので、それを紹介して、売ればいい。

まずはそういう方法の方が、見つけやすいかもしれません。

自分の興味あるものや、サイトを見回って探す、みたいな感じに。

キーワード選定

広告選定の次は、これから書く記事に設定する「キーワード選定」をしましょう!

なんとなく記事を書いて、そこにただ広告を貼っても、ほとんど売れません。

そこでまず、「みんなは今、どんな情報を必要としているのか?」を調べます。そう、人々の「ニーズ」を調査するのです。

でも一人でウンウン考えてても、時間の無駄になるだけ汗

なのでキーワード選定ツールの「Ubersuggest」を使います!

これは、月額2,999円の有料ツールなんですが、その料金を払う価値、大いにありの優れたツールでして、、、

これを使えば、Google検索で実際に入力されているキーワード(「サジェストキーワード」と「関連キーワード」)や、検索ボリュームを知ることができるんです!!

つまりこれを使えば、Google検索をする人の、、、

  • ニーズ
  • 欲求
  • 疑問
  • したいこと
  • 知りたいこと

こんなことが、わかるのです。

なので自分で予想するより、はるかに確実!

読者の悩みを記事で解決するから、悩みの解決に必要な商品を買って頂けるのです。

だから商品の購入に繋がりそうなキーワードを選定し、そのキーワードで記事を書いて1位を取ればいいだけなんです。

もちろん、実はこれって、無料のツール「キーワードプランナー」と「ラッコキーワード」を組み合わせて使うことでも、同じようにデータが見れるんです。(※キーワードプランナーを利用するには、Google広告への登録が必要です。)

  1. ラッコキーワードでサジェストキーワード(厳密には関連キーワードなども入ってる)を抽出する
  2. そのデータを画面右上にある「全キーワードコピー(重複除去)」でコピーし、
  3. キーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」に貼り付ける。
  4. 画面右上のダウンロードボタン「↓」をクリックして、「過去のプラン指標」のCSVをダウンロード、もしくはGoogleスプレッドシートに直接ダウンロードする

これでOK!

この方法とUbersuggestの決定的な違いは、、、

データを出力したときに、ボリューム順に綺麗にソートされてるかどうか

です。

やってみるとわかるんですが、ラッコキーワード+キーワードプランナーだと、データが月間検索ボリューム順になってなく、バラバラ。なので、データを自分で見やすいように並べ換えないといけないので、手間!!

でもUbersuggestだと、ちゃんと検索ボリューム順にソートされてて、見やすい。

課金する価値、めちゃありです!!

でもUbersuggestもキーワードプランナーも、実はどっちも必要。

なぜならそれぞれ、拾ってくる検索結果が違うから。

ここら辺は実際に使っていくと、わかるはず。

キーワード選定ツールを使い、記事に設定するキーワードを決めましょう!

競合調査・必要記事分析

このキーワード良さそうだなというのが決まったら、実際にそのキーワードでGoogle検索をして、表示される10位以内の結果を調査します。

調査というのは、

  • MozBarで、PA・DAを確認する
  • 実際に競合サイトの記事を読む
  • SEOキーワード検索順位チェックツール『Rank Tracker』で、その記事自体と、そのサイト全体で取っているキーワードに関連するようなキーワード(サジェスト・関連キーワード・共起語)を確認する

こんな感じ。

①で競合の大まかな強さを把握します。

  • 相手は自分より強いのか弱いのか?
  • 勝つまでにどのくらいの期間かかりそうか?

ってことがわかります。

②で競合サイトの内容を、実際に確認します。

③で競合サイトがそのページで取っているキーワードと、ブログ全体や関連する記事で取っているキーワードをRank Trackerを使って確認し、

  • どんなキーワードの記事が必要そうか?
  • 自分の記事で取るキーワードはどれにするか?
  • 勝つためには、何記事くらい必要そうか?

などの見通しを立て、執筆する記事の内容・予定・方向性を決めます。

『Rank Tracker』とは、記事に設定したキーワードの順位をチェックするためのSEO検索順位チェックツール。

同じようなツールは様々ありますが、これが一番コスパがいい!

Rank Trackerは記事に設定したキーワードの順位の把握はもちろん、キーワードの順位を改善するヒントも得ることができるんです。

ブログで稼ぐには、これは絶対に必要なツール!!

なのでかなりマジなトーンで言いますが、有料だからって導入をためらっていると、ブロガーとしていつまでも成長できない&強くなれないので、なるべく早めの導入をおすすめします!!

Rank Trackerなしでのブログ運営なんて、考えられませんので。

Rank Trackerのすべて【SEO検索順位チェックツールは、これ!!】

記事執筆→リリース

ここまで来たら、あとは実際に記事を書いて投稿するのみです!

順序は、

  1. 記事の内容と結論を、自分で把握する
  2. 構成(見出し)を決める
  3. 記事執筆開始
  4. 完成→投稿

こんな感じ。

②の構成を補足します。

①で把握した書きたい内容と結論(一番言いたいこと)を頭で整理して決めてから、文章の見出しを決めていきます。

h1には必ずキーワードを入れる。

h2にもキーワードを入れます。とくに一番最初のh2には必ず入れますが、それ以外は不自然になるなら、無理には入れません。

h3、h4は必要に応じて使いましょう。記事の構成・内容にもよりますが、ここら辺にはキーワード入れると不自然になる場合が多くなると思うので、自然なら入れた方がいいですが、不自然になるなら無理に入れなくてOK

h5はほぼ使わないです。

ぶっちゃけ構成を考えるたびに毎回h4とかh5が必要になるようなら、構成を変えたり、1記事にまとめず、別記事にした方がいいんじゃないかと、ぼくは考えます。

あんまり細かくすると、書く方も、読む方も読みづらい記事になると思いますので。

※これはあくまでもぼくの考え方であって、これが絶対的に正しいとは、限りません。

h2・h3には必ずキーワード入れなさいって教える方もいますし、かなり細かく見出しを入れて成功してる方もいます。

また記事の狙いによっては、構成決めないで最後まで書き切る、ということもあります。

なので「ぶっちゃけなんでもあり」なんですが、ぼくの経験上では上で書いたようにするといい感じ&これを基本にするといい感じなので、そのようにしてます。

なにより文章で一番大事なのは、「内容」です。

それと、実際に自分で書いてみて反応を確かめる「実験」

正解は実験の結果を見て、自分で選び取るものです。

自分以外の他人のアドバイスは、「ヒント」でしかない。

そこを念頭に置いて、記事を作成しましょう!

必要な記事をさらに追加

競合調査・必要記事分析で洗い出した、必要だと判断した記事をどんどん追加していきます。

必要な記事が多すぎて、焦るかもしれません。

でも、1つ1つ書いていかないといつまでも弱いままなので、落ち着いて記事を書いていきましょう。

一歩一歩確実に(^o^)/

既存記事のリライト

記事は書いて終わり、じゃないです。

むしろその後が大事。

理由は、ある理論・考えに基づいて記事を執筆したとしても、

  • Googleの仕組みは、常に変化している
  • 一番大事なのは理論ではなく実際の反応
  • あなたと同じように、他の誰かも記事を投稿している

なので、リリースした記事の順位を把握し、順位が低ければ高める。

そのために、

  • 自分の記事の分析
  • 競合記事の分析

をして、リライトします。

分析には、ここでもRank Trackerを使います!

Rank Trackerのすべて【SEO検索順位チェックツールは、これ!!】

さぁ、1位を目指しましょう!

売上を最大化する「セールスライティング」

記事の売上や効果を、最大限に引き出すテクニック!!

ここまで大事なことは、「商品が売れそうなキーワードで1位を取ること」と言ってきましたが、実はそれだけでは不十分、というかもったいない。

記事から売上が発生するのは、記事を読んで下さった読者が、、、

  • 「納得したから」
  • 「疑問が解決できたから」
  • 「その商品の必要性が理解でき、あなたの考えに賛同 or 感動したから」

です。

でも、10,000人が来てくれて買ってくれるのが50人よりも、

10,000人が来てくれて買ってくれるのが500人の方が、売上も10倍になるので、嬉しいじゃないですか?

こんな感じに、今よりも買ってもらえる確率をもっと上げる手法、

それが、

「セールスライティング」

めっちゃ気になりますよね?

様々な方が本や記事、動画をあげてくれています。

ぼくのおすすめの、動画はブログ・アフィリエイトのプロであるマナブさんの、

セールスライティングの完全ガイド_パート①【文章だけで、1億を稼ぐ方法】(マナブ)

本はメンタリストDaiGoさんの、

人を操る禁断の文章術(メンタリストDaiGo)

どちらも超絶おすすめ!!

このお2人の動画・本からきちんと学べば、ブログの収益はもちろん、文章力自体もかなり上がって、多くの方に楽しく見てもらえるブログになれるんじゃないかなって、思います(^o^)/

ただセールスライティングは、狙ったキーワードで上位を取れるようになってから力を発揮するものなので、流入の少ない最初のうちは、狙ったキーワードで上位を取ることに専念してもOK

多くの読者が来てくれてこその、セールスライティングなので。

もちろん、先を見越して今からちょっとづつ学んでいくってのも、全然あり!

セールスライティング以外にも、文章の書き方の勉強にもなるので、得るものは、あるはず。

まとめ:ブログで商品を紹介し、稼ぎましょう!

広告をなんとなく貼るだけじゃ、売れません。

きちんとブログで商品を紹介し、来てくれた読者に価値を提供して、稼ぎましょう!!

実際にやれば、難しくはありません。

慣れてないから、難しいと感じるだけ。

あとは経験、積み上げましょう(^o^)/

記事執筆:スティーブ

-ブログで稼ぐ
-