ブログ作成方法

【失敗したくない人向け】テーマはAFFINGER5一択!!

2020年11月11日

WordPress導入したけど、結局テーマはどうすればいいかな?

いろいろググってみると、やっぱ『多くの人に見てもらいたい』とか『稼ぎたい』人は、無料じゃなくて有料テーマの方が良さそうだな。

評判良いのがいくつか出てきて、その中にAFFINGER5ってのがあったけど、実際どうなのかな?

アフィンガーを使って2年のぼくが、実体験と本音の感想も交えて、解説していきます。

結論『失敗したくないなら、AFFINGER一択!!』です。

AFFINGER5とは【5つの特徴】

AFFINGERは元をたどると、STINGERという無料テーマが始まりなんです。

STINGERは2012年から公開されており、『SEOに強く、収益が発生しやすい』という評判で超有名な無料テーマで、さまざまな書籍でも紹介されてきました。

そんなSTINGERを、ブログやアフィリエイトで効果的に収益を上げられるよう更に強化したバージョンがAFFINGERであり、その最新バージョンがAFFINGER5なのです。

このアフィンガーの開発者であるENJIさんは、ENJILOGというブログを長年運営されている、トップクラスのアフィリエイターでもあります。そんな実績のある方がこだわり抜き、検証実験を重ねて作っているテーマ。もはや信頼性は、文句なしですよね。

そんなアフィンガーの最大の強みが「最適化」です。

集客層(ターゲット、読者)に合わせてブログ・サイトを「最適化」できるように、種々の機能を備え、様々なデザインができるようになってます。

では具体的に、AFFINGER5の5つの特徴を見ていきましょう。

デザイン・カスタマイズ性が高い

とにかくなんと言っても、デザイン性・カスタマイズ性の高さが、ほんとすごいんです。

様々なことができ、細かい部分まで設定可能になってます。

ウィジェットの数もかなり多く、ショートコードもかなり豊富に用意されているのでカスタマイズできる項目がかなり多いので、ほんと自由にデザインできます。(「100%なんでもできますよー」なんてことは言えませんが、実際に使っている感じ、限りなくそれに近いです。)

ぼくの経験上、「これはもう形が決まっていて、それ以上は変えられません。変えられるのは表示するものだけです。」みたいなことが無料テーマでよくあったのですが、そういった感じは0です。とにかく自由!

サイトの型は、自分で設計できます。

ブログ、ビジネスサイト、アフィリエイトサイトなどに幅広く運用が可能というのは、伊達じゃありません。

なので「テーマのカスタマイズとか正直よくわかんない。。」って初心者の方でも、まずこのアフィンガーがあれば、間違いないかなと思います。

ブログ型にしてたけど、やっぱりサイト型がいいので変えちゃう、なんてことも可能。

そういう安心感・贅沢さがAFFINGERにはあります!

具体的にどんなサイト・ブログを作れるのかは、こちらで確認できます。
AFFINGERで作成されているサイト紹介(【公式】WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー))

ぼくもここに載せてもらえるように、実績積み重ねま〜す(^o^)/

SEOに強く、収益が発生しやすい

これ、ブログ・サイト運営する上でめちゃくちゃ大事なポイントです!

このアフィンガーはSEOに強く、収益が発生しやすいという特徴があります。

正直な話、細かく具体的にどういうことをしてるからSEOに強いのか、という説明は公式サイトにもありません。

というか自分でコード書いて、テーマをバシバシ作れるくらいの人じゃないと説明されてもわからないでしょうし、そもそもそういう施策は企業秘密でもあるでしょうし。

じゃあぼくらのようなそこまでWordPressの内部的構造に詳しくない人間が、どうやって良し悪しを客観的に判断するのかというと、「人の評判」「実績」しかないんですよね。

そこでググってみると、いい評判・実際の声がたくさん出てきます。AFFINGERを2年間使ったぼくの感想・実感としても「評判通り、効果ある。しかも絶大に!!」

これ、マジです。

パソジユで具体例をあげて解説します。

パソジユって正直、AlexaランキングもMozのPA・DAもまだまだめちゃ低いんですよ。(Mozの無料ツールで誰でも見れちゃうんですが。。。)

それでも記事を書いて公開すれば、自分より強いサイトと並んで検索結果10位以内にも表示されますし、月間検索数1,500前後のミドルワードでAppleの公式サイトを抑えて1位になってる記事もあります。

ドラゴンボールで言うと、「スカウター壊れてんのか!?」みたいな(笑)

自分で言うのもあれなんですが、パソジユ自体のランクは低いのに上位表示されるのは、AFFINGERに施された内部SEO対策のおかげだと思うんですよね。そこがしっかりしてるからこそ、という部分、、かなり大きいとぼくは考えます。

なのでSEO的にも充分強いテーマなんだなと、ぼくは思います。

実際にアフィンガーを使った方々の評判は、こちらから確認できます。
ご利用者様の声(STINGER STORE)

最大の効果が出るように設計されている!

当テーマのゴール(目標)としてブログだけではなく、「収益化」や「ブランディング」を意識した会社やお店などのサイト型で結果が出るように意識した構造や機能が考慮されています。

その為、ブログはもちろん「ビジネスサイト」「お店のサイト」「特化型ミニサイト」そしてもちろん「アフィリエイトサイト」としても最大限の効果が発揮できるように設計しています。

引用元:『WING(AFFINGER5)』(STINGER STORE)

心強いですよね。

実際効果は、パソジユでも発揮されまくっております!!

レスポンシブウェブデザインにも対応

レスポンシブウェブデザインとは、Googleから推奨されているブログ・サイトの構築方法です。

以前はパソコン用、スマホ用に別々のコードを書いてブログ・サイトを表示していたのですが、そうじゃなく1つのコードでパソコン・スマホ・タブレットに最適な見やすい画面表示を可能にする構築方法です。

たとえばスマホであるウェブサイトを見たとき、パソコン用のサイトがそのまま縮小して表示されたならば、そのサイトはレスポンシブデザインに対応していないということになります。

また、Googleがこれを推奨する理由は次の通りです。

レスポンシブ デザインにする理由

レスポンシブ ウェブ デザインをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • URL が 1 つなので、ユーザーによるコンテンツの共有やリンクが簡単になります。
  • 対応するパソコン用ページまたはモバイル用ページが存在することを Google のアルゴリズムに伝える必要がなく、インデックス登録プロパティが正確にページに割り当てられます。
  • 同じコンテンツのページをいくつも維持管理する手間が省けます。
  • モバイルサイトでよくある誤りに陥る可能性を抑えることができます。
  • ユーザーをデバイスごとに最適化したページにリダイレクトする必要がないため、読み込み時間を短縮できます。また、ユーザー エージェントに基づくリダイレクトはエラーが発生しやすいため、サイトのユーザー エクスペリエンスを損なうおそれがあります(詳細については、ユーザー エージェントの正確な検出をご覧ください)。
  • Googlebot がサイトをクロールするために必要なリソースを節約できます。レスポンシブ ウェブ デザインでは、1 つの Googlebot ユーザー エージェントがページを一度クロールするだけで済みます。異なる Googlebot ユーザー エージェントが何度もクロールしてコンテンツのすべてのバージョンを取得する必要はありません。Google によるクロールの効率が上がることは、間接的には、サイトのコンテンツがより多くインデックスに登録され、適切な間隔で更新されることにつながります。

引用元:レスポンシブ デザインにする理由(Google検索デベロッパーガイド→レスポンシブウェブデザイン)

要するに、「Googleにとっても、ユーザーにとっても、サイト運営者にとってもwin win winだからレスポンシブデザインにしようぜ!」ってことなんです。

しかもこれはSEO(検索結果の上位表示)にも関係します。

具体的には以下2点

SEO的にだけでなく、スマホ・タブレットで自分のサイトを見やすい表示にするためにも、レスポンシブ表示はと〜っても重要な機能なんです。

AMPにも対応

AMPとは、Googleが推奨している機能の1つで、モバイルサイト表示を高速化するための機能です。

スマホに表示させるページをAMP化することにより、サイトの表示速度を高速化します。

AMP化できるのは『投稿』のみで、サイトトップや固定ページはAMP化できませんが、通信環境が不安定になりがちなモバイル環境(スマホ)での投稿記事表示の高速化は、かなりのメリット!

しかもAFFINGERでは、スイッチをON・OFFする感覚で簡単にできるので、かなり強い機能です。(自分だけでやろうとすると、かなりの手間汗)

ただAMPには注意点もありまして、「メニューバーが表示されなくなる」「ショートコードが機能しなくなる」場合もあります。

気になる方はこちらをご確認ください。
AMPについて(【公式】WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー))

ただ、すでに作ったサイト記事を、あとからAMP化しようとするから問題が発生する(場合もある)のであって、始めからAMPのルールに従ってサイト作れば、追加の手間はかからないよなって、思います。

WING(AFFINGER5)って、なに?

あれこれ調べていると、けっこう目にする『WING(AFFINGER5)』

これなに?ってことで解説すると、

まずWINGは、WING (AFFINGER5)とWING (STINGER PRO2)の2種類があります。

WING (STINGER PRO2)に、アフィリエイト関連の機能をプラスしたものがWING (AFFINGER5)です。

なので、機能をフルに使いたいならAFFINGER5。機能は少なくなるけど、料金を抑えたい人はSTINGER PRO2を選ぶ、という感じです。

具体的な違いは、STINGER STOREのこの記事をご覧ください。
結局どっちが良いの?(AFFINGER or STINGER)

慣れるまでちょっとややこしいかもですが(製作者様ごめんなさい汗)、WING (AFFINGER5)=AFFINGER5です。

AFFINGERは初心者でも使いこなせるか?

もちろん大丈夫。

ただできることが多いので、すべての機能を把握するまで、それなりに時間はかかるかなと思います。

とはいえすべての機能を把握しなくても、直感的にサイト・ブログを作成できるので問題なしです。

そしてなんと言っても、「安心ポイント」がまた最高なんです。

安心ポイント:デザイン済みデータの共有ができる

これ、WordPress・AFFINGERをこれから始める初心者にとって、めちゃくちゃいい機能だなと思っておりまして、

アフィンガーのすでに作り込まれたブログ・サイトの、「デザイン済みデータの配布・共有」ができるんです!

たとえばなにもわからなくても、自分のやりたいものに一番近いデザイン済みデータをぽちっと選べば、すぐそのデザインで使うことができるんです。

これ、めちゃ安心感ありません?

他にもそのデザイン済みデータを適用して管理画面を見れば、「こんな風にやればこうできるのか」というのもわかると思うので、AFFINGERの使い方の理解の手助けにもなりますよね。

ただ、1つだけ注意があります。

このデザイン済みデータは、AFFINGER5 or AFFINGER5EXの初期状態で使用することが前提で考えられてまして、

配布・共有されるデータは子テーマではなく、デザインを反映したデータそのものなんです。

なので、すでに自分でサイトデザインを作り込んだあとにこれを使うと、データが全て上書きされるので、もちろんいままでと全く違う見た目になり、色んなサイト上のSEO的な狙いも崩れ、SEO検索順位も下がる可能性も予想されますので、その点だけご注意下さい。

ただ繰り返しですが、初心者・これからAFFINGER始める方にとっては、めちゃくちゃ強い味方になるはずです。

うまく活用して、AFFINGERの使い方の理解・サイト構築時間の大幅短縮をしちゃいましょ(^o^)/

具体例が手元にあるって、めちゃくちゃ有利なことなんで。

デザイン済みデータ配布ページ(β)(STINGER STORE)

アフィンガーの悪いとこ・良いとこ

正直悪いとこ、というか文句はないです。

結局全部良いとこなんですが(笑)、こんな感じです。

できることが多すぎて、迷う【贅沢な悩み】

実に細かく色んなところをカスタマイズできるので、けっこう迷うかもしれません。

でもこれは嬉しい悲鳴(笑)

アフィンガーどころか、WordPress自体に慣れていない初心者&ブラック企業
勤務で時間の無かったぼくにもできましたから、問題なしです。

特典がついてくる

特典の内容は購入する時期によって変わります。

ただなんにせよ、無料の特典がついてくるって、単純に嬉しいですよね(^^)

記事執筆現在の販売サイトからの特典は、「STINGERタグ管理プラグイン3」(4,980円(税込)相当)です。

複数サイトで使用してもOK!

AFFINGER購入者が、自分の所有するサイトに使う場合、利用サイト数の制限はありません。複数のサイトで使ってOK!
参考:よくある質問→複数のサイトに使用できますか?(STINGER STORE)

ただし、サロンなどでの違法配布なんかは絶対にダメ!!
参考:サロン及び塾による違法配布について(STINGER STORE)

この記事を読んで下さっているあなたは、もちろんこんなことしない方だと思ってますが、勘違いのないように、一応情報貼っておきます。

アフィンガーのEX版はすごい!!けど、最初は無印で充分

AFFINGER5には、さまざまな機能が大幅に追加された『EX版』が存在します。

追加される機能はなんと20以上!!(パソジユでもEX版限定の機能活用中!)

追加機能の内容は非公開(一部公開されてる部分あり)ですが、かなりすごいですよ!

このAFFINGER5EXは、無印→EXにアップデートすることで利用可能になるものです。単体商品としてAFFINGER5EXは販売されてません。
(ただし、プラグインとセット販売の『AFFINGER PACK3-WING版』や『AFFINGER SPECIAL COLLECTION』には、単体版として同梱されてはいます。)

無印のアフィンガーを使って、満足したらEXにするという、非常に良心的な流れです。

正直無印のままでもテーマとしては充分ですが、EXにするとさらにできることが増えるので、よりカスタマイズ性が高まります。

価格は

  • WING(AFFINGER5) 14,800円(税込)
  • AFFINGER5無印→AFFINGER5EXへのアップグレード料金 12,000円(税込)

なので、EX単体として見ると

WING(AFFINGER5EX) 26,800円(税込)

という感じです。

とはいえ、EX版へアップグレードするのがきつい人は、無印のままでも充分だと思います。

ぼくもブログ始めたあの頃は、「失敗したら嫌だし、実際使ってみないことにはなんとも言えないし。そもそも金額がめちゃ高いしなぁ。。。」とか思っていたので、最初から何万円もお金払う決断はできませんでした。

だから無理する必要はなしです。

ただ、アフィンガーを購入して2年間フルに使いまくって効果を実感した今のぼくは、「EX版も購入して大正解だったけど、お得なセット販売のAFFINGER PACK3-WING版を買えば良かったなー。。。」なんて風に、思っています(笑)

アフィンガーの評判

あらためて、アフィンガーの評判はかなりいい感じです。

ここまでにもちょいちょいリンク貼ってきましたが、改めてAFFINGER5の評判リンクを貼っておきます。
ご利用者様の声(STINGER STORE)

ぼくも普段からあれこれGoogle検索しますが、AFFINGERで作ったサイトがかなり多く上位に表示されてます。

「あ、このサイトもアフィンガーか」みたいな(笑)

それと、前バージョンのAFFINGER4の評判も見つけました。AFFINGER4の頃からすでに評判が高い!
ユーザー様の生の声(STINGER STORE)

また公式サイトによれば、AFFINGERは有名タレント、学校、企業、お店などに幅広く利用されているとのことで、例えばメンタリストDaiGoさんのオフィシャルブログも、AFFINGERで構築されてます。
AFFINGERで作成されているサイト紹介(【公式】WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー))

もはや客観的に見ても信頼性は、充分ですよね。

AFFINGER6が発売されるって本当??

本当です!

アフィンガー公式サイトにて、発表されてます。

となると、『AFFINGER5を今のタイミングで導入したら、損しちゃう?デメリット?もう少し待った方がいいかな?』って思っちゃいますよね?

これについてぼくの予想は、

『今の時点でAFFINGER5を導入しても、損はしないと思います。』

その理由は、公式サイトで

※WINGユーザー様は同一バージョンにて無料アップデート対応予定です

引用元:WING ver20201110βアップデートとACTION(AFFINGER6 / STINGER PRO3)公開予定のお知らせ(【公式】WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー))

と、言われているからです。

ただ、この「同一バージョンにて」という一文の解釈が、ちょっとなんともむずかしいのですが、WING(AFFINGER5)を持ってる人は無料で、、、

  • ACTION(AFFINGER6)にできるのか?
  • それともWING(AFFINGER6)とかにできるのか??
  • はたまたACTION(AFFINGER5)なんて感じなのか???

このどれかかなと思います。ちょっとなんともわかりませんが、こちらは詳細を待ちましょう。

ただ、発売日・価格などはまだ決定してませんので、AFFINGER6の発売を待っていたら、いつになるかわからない。それよりもAFFINGER5導入して、ブログ・サイト運営始めた方が100倍メリットがあると思います。ぼくのアフィンガー使っている経験上。

それともうひとつ安心材料として、過去に期間限定ではありますが、AFFINGER4購入者が割引価格でAFFINGER5を購入できるという対応があったんです。

→根拠:AFFINGER4を購入済みの人が期間限定価格でWING(AFFINGER5)を購入する方法(「アラフォーランナー一発屋商店!」様の記事より)

たしかに『絶対に損しません!』なんて保証はできませんが、こういう点から考えても、大丈夫だろうとぼくは思います。

アフィンガーの購入方法

ここまで読んで『AFFINGER使いたい!!』と思って下さったあなたに、購入方法を簡単にご紹介していきます。

その前にちょっと仕組みを説明します。

実はAFFINGERの購入は、公式サイト内だけでは完了せず、「インフォトップ」や「STINGER STORE」というサイトも利用します。

  • AFFINGER公式サイト=最新版AFFINGERの紹介サイト
  • インフォトップ=Amazonや楽天のように、商品を販売しているサイト。アフィンガーの購入・支払い・ダウンロードをここでする。
  • STINGER STORE=購入したSTINGER・AFFINGER系商品のアップデートなどをするサイト

このように、それぞれのサイトに機能が分散されてる感じです。

最初利用するときはぼくも「あっちこっち行かされて、なんか怪しいな。。。」とか思ってましたが、実際は怪しくないので大丈夫ですよ(^o^)

慣れていないことは誰でも、「怪しい。。」と思っちゃうものですから(笑)

入り口

まずはアフィンガーの販売ページへ行きましょう。
WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」販売ページ


AFFINGER5 トップ

この画面を下にスクロールすると、


AFFINGER5購入の入り口

この画面が出てきますので、下の青枠「ご購入はこちら」をクリックして進みます。インフォトップ・STINGER STOREに登録してない方は、登録しながらおすすみ下さい!

AFFINGERで迷わないための予備知識

ここではいくつか最初に知っておくと、AFFINGERを使いやすくなるなと思ったことを書いておきます。

ショートコード

ショートコードとはWordPressの機能の1つで、記事を書くエディタの文中や、ウィジェットに入力して使うもので、

  • デフォルトで用意されているもの
  • テーマごとに用意されているもの(必ずあるとは限らない)
  • 自分で作ったもの

があります。

たとえば、ブログを始めてからの経過年数を自動的に計算して表示してくれるショートコードで[blog-nen]というものがある場合、

エディタの記事文中やウィジェット内に

私がブログを始めてから[blog-nen]年経ちましたが、

と書いて投稿orウィジェットを有効にすると、ブラウザ上(ブログ上)で

私がブログを始めてから2年経ちましたが、

みたいに自動で表示してくれます。

こういうことをできるようにしてくれるのが「ショートコード」です。

上記のように、記事の文中に文字を自動的に表示してくれたり、他にもブログ・サイトの任意の場所に記事一覧や、クリックするとリンク先に飛ばせるようなボタン(バナー)を配置する、みたいなことも可能にしてくれます。

ショートコードは自作もできますが、知識が必要。。

ですが、アフィンガーにはめちゃくちゃ便利なショートコードが多数用意されています!

詳細は、公式マニュアルをご覧ください。

どこからカスタマイズするのか?

主に「外観→ウィジェット」「AFFINGER5テーマ管理」「外観→カスタマイズ」です。

この3ヶ所をいじると、いろいろわかると思います。

購入者限定の公式マニュアル

購入者限定で、アフィンガーの公式マニュアルサイトを閲覧できます。

閲覧には、購入者にだけ知らされるパスワードが必要です。ですので、具体的なマニュアルの内容は言えませんが、使い方が書いてありますので、確認しましょう!

特にアフィンガーで使えるショートコードは、マニュアル見ないとわからないので要確認です!

まとめ:AFFINGERはおすすめでしかない!!

色んな人からの評判も良く、実際に2年使ったぼくの感想も、やっぱり『凄い!』の一言。

WINGは本気でブログで変わりたい方、お店や会社のホームページを立ち上げたい方の為のWordPressテーマです。

引用元:「WING」について(STINGER STORE)

該当する方はぜひ、このアフィンガーで戦いましょう!!

-ブログ作成方法
-,

© 2018 パソジユ!All Rights Reserved.