便利ツール・プラグイン

Rank Trackerの使い方とスティーブ的おすすめ設定!!

2020年7月20日

SEO検索順位チェックツールはずっとRankGuru SEOを使っていましが、やはりガチでブログ集客したい・稼ぎたいならRank Trackerが必要だろうと考え、導入することにしました。

めちゃくちゃいい評判しか聞かないRank Trackerを実際に使ってみたぼくの感想
→『やはりブログで稼ごうとかアクセス伸ばしたいと思ってる人はRank Tracker最初から使うのがいいですね!』

同時にでちょうど必要のなくなったoffice365を解約したんですけど、同じ金額ですんごいツール手に入れました!

いいトレードでした。有益さが半端じゃないです汗

では本題に入りましょう!

Rank Trackerの使い方〜事前準備

Rank TrackerはMacはもちろんWindows・Linuxにも対応しており、かなり幅広く対応してます。

この記事ではMacのRank Trackerを扱っていきます。

確認してはいませんが多分他のバージョンでも本質的には同じだろうと思いますので、Windows・Linuxユーザーの方にも参考にして頂けるかと思います(^o^)/

有料ライセンスの購入

まずRank Trackerのサイトにいきましょう!

Rank Tracker|無限のランクトラッキング


RankTracker Top

上の画面で名前とメアドを入力して無料でRank Trackerを試すこともできますが、無料で試すメリットはほとんどないと思います。

だって検索順位チェックしたいキーワードの保存ができないですし、せっかくチェックした検索順位の履歴も保存できないんですよ?
(参照:「注文」→「Rank Trackerの全ライセンスの比較」の日本語版英語版

なので無料でしばらく試しに使い続ける、というのは正直ちょっと厳しい。

むしろ色んな感想・評判を調べてこのRank Trackerにたどり着いた人にとっては、かえって時間の無駄になると思います。

なのでさっそく有料版を購入しちゃいます☆
成功するためには、スピード感ってめちゃくちゃ大事なので(^o^)/

注文

てなわけで(笑)画面赤枠「注文」をクリック!

ライセンスの選択

いろんなサイトやブログで言われてますが、個人で使うなら真ん中の「PROFESSIONAL」のライセンスで充分。

※ちなみにPROFESSIONALのライセンス料金は税込にすると
1年で136.4$=14,647円(1$=107.39円で計算)

1ヶ月1,220円って、格安ッ!!(笑)

赤枠「今すぐアップグレード」をクリックすると


カード情報入力

料金支払い画面になるので、必要事項を入力→「ご注文を確定する」をクリックで


購入完了

この画面になります。

いきなり英語に変わります(笑)

画面右上の言語変更ボタンで日本語にするとサイトトップに戻ってしまうので、このまま続けていきます。

まずこれで購入が完了しました。

同時にそっこーライセンスに関するメールと支払いに関するメールが届きます。

Rank Trackerのダウンロード〜インストール

画面を下にスクロールさせると

ライセンスアクティベート

ライセンス認証方法の説明画面があります。

赤枠「download it here」を押すと

ダウンロード

この画面になり、自動的にインストーラーのdmgファイルがダウンロードされます。

ダウンロードが完了したら、dmgファイルをダブルクリックすると

インストーラー

Rank Trackerのインストーラーが出てくるので、これも開きます。

すると

確認

右下の「開く」をクリック。

Java8

とのことなので、JavaをインストールしにJavaのサイトにいきます!(これが表示されない方は飛ばしてOKです。)

Java(ORACLE)

Java Top

青枠「無料Javaのダウンロード」をクリックし、

Java ダウンロード

内容確認し、問題なければ「同意して無料ダウンロードを開始」をクリックするとdmgファイルがダウンロードされます。(ぼくの場合は「jre-8u261-macosx-x64.dmg」という名前です。)

ダウンロードしたdmgファイルを開きます。

Java インストーラー

この「Java 8 Update 261」のアイコンをダブルクリック!

許可

右下「開く」で

パスワード入力

パスワード入力し、「OK」

インストール

内容を確認します。赤枠の白い四角が実は「インストール」なので、クリックしてJavaのインストール開始。

インストール完了

この画面が出てきたらインストールは完了。システム環境設定にJavaが追加されます。

青文字「更新設定についての詳細情報」にはJavaの更新方法が書いてあります。

必要に応じて内容確認し、「閉じる」で完了しましょう。

ではRank Trackerのダウンロードに戻ります。頭とタブをRank Trackerに戻します(^o^)/

もう一度Rank Trackerのdmgファイルをダブルクリックし、

インストーラー

このインストーラーを開きます。

確認

右下の「開く」をクリックすると、


RTインストール

インストーラーの画面が開きます。赤枠で「日本語」を選択します。

RTインストール2

ぼくはこういう場合、ちゃんと先生の言うこと聞くタイプなので(笑)他のアプリを閉じます。そして「次へ」をクリック。

RTインストール3

利用規約一読し、問題なければ「承諾する」


RTインストール4

多分Rank Tracker以外の3つはなくてもいいのかな〜とは思いますが、せっかくなので全部インストールします。

このまま「次へ」


RTインストール5

このまま「完了」をクリックすると、下の画面が開きます。(自動で開かない場合は「Finder」→「アプリケーション」から開けます。)

RTインストール6

これでRank Tracker(+α)のインストール完了です!

Rank Trackerの使い方〜最低限必要な設定

これから紹介するのは

  • 初期設定
  • ライセンス認証
  • 検索順位をチェックするキーワードの追加
  • スケジュール機能の設定
  • 検索順位チェックを100位までにする
  • Googleからブロックされないようにする設定

です。

これらさえ設定すれば検索順位チェックツールとして問題なく使えます。

初期設定

RTアイコン

さっそく「Rank Tracker」をダブルクリックで開きます。


無料体験

こういうのもあるんですね(^.^)

画面閉じると、


プロジェクト作成

この画面が出てきます。

自分のブログ(サイト)トップのURLを入力し、「次へ」クリックで


プロジェクト作成2

アカウント連携画面になります。

連携することでキーワードごとの訪問者数の予測値などが出せるようです。

ですが連携しなくても検索順位のチェックは問題なくできるので、今は連携しないでこのまま「次へ」で進みます。(Rank Trackerを使っていて必要性が出てきたら連携しましょ♪)


プロジェクト作成3

ここでキーワードを入力します。

ですが初めからブログ名がデフォルトで入力されてるので、とりあえずここはこのまま進みます。

「次へ」クリックし、


プロジェクト作成4

検索順位をチェックしたい検索エンジンを選択します。

まず最初に表示されているのはUSAのGoogleとヤホー、じゃなくてYahoo!(汗)。日本語の市場で戦うぼくたちが確認したいのは日本のGoogleの順位なので、まず赤枠「さらに検索エンジンを追加する」をクリックし、


プロジェクト作成5

赤枠の検索窓に「Japan」と入力するとJapanの検索エンジンの一覧が出てくるので、「Google.co.jp」の「+」をクリックします。


プロジェクト作成6

このように日本のGoogleが追加されます。これだけで充分ですので、ぼくはこれ以外は追加しません。他も必要な人は追加しましょう。

次に不要なUSAのGoogleとYahoo!を消します。

USA Googleの右端にある赤枠「×」をクリックし、


プロジェクト作成7

「はい」で削除されます。Yahoo!も同じように消したら、


プロジェクト作成8

画面右下「完了」をクリックすると下の画面になります。

プロジェクト作成9

ひとまずこれで初期設定は完了です。

ですがまだ無料のRank Tracker状態なので、ここで閉じちゃうとまた最初からやり直しになっちゃいます汗汗

なのでライセンス認証通しちゃいます。

ライセンス認証

画面左上の


ライセンス認証

「ヘルプ」クリック、


ライセンス認証2

「情報を登録」クリックで、


ライセンス認証3

ライセンス情報入力の画面が出てくるので、「登録者」と「登録キー」を入力します。

これらはさっきPROFESSIONALのライセンスを買ったときに届いたメールに記載されてる「Registered by:」と「Registration key:」です。

これらをコピペし、「OK」で進むと

ライセンス認証4

画面左にあった緑の「アップグレード」は消え、ライセンス認証が通りました。

これで設定の保存ができるようになりました!

キーワードを追加する


キーワード追加

赤枠「キーワードの追加」をクリックして、


キーワード追加2

こんな感じでキーワードを追加します。指定はないようですがスペースは半角にしてます。

「タグを追加」するかしないかはあなた次第です。

ぼくはこのキーワードを設定してる記事の投稿日をタグとして登録します。(有名ブロガー・マナブさんのYouTubeのアドバイスを参考にしました。)

Rank Tracker内を検索したときに、検索結果に表示させたい言葉をタグにするとかもありですよね。

キーワード入力終わったら「次へ」をクリックし、


キーワード追加3

検索エンジンの選択。

選択が終わったら「完了」クリックで、


キーワード追加4

このようにキーワードが登録されます。

スケジュール機能

デフォルトだと自分で更新ボタンを押さないと更新されないので、自動でキーワード検索順位をチェックしてくれるように設定しましょう!

手動で更新するのは面倒ですし、毎回同じ時間に調べた方がより正確な比較になりますし、何より自動でやってもらった方が便利なので。

秘書に任せられることは秘書に任せて、自分の手をどんどんあけましょう!

ではまず


スケジュール機能 ランク

赤枠「Schedule Tasks & Alerts」をクリックします。


スケジュール機能 ランク2

この画面が開くので、「追加する」をクリックすると下の画面が開きます。


スケジュール機能 ランク3

スケジュールで実行するタスクを選択します。

検索順位チェック以外も設定できます。

今は一番上の「検索エンジンのランキングを確認」に黒丸を入れて、画面右下の「次へ」を押します。


スケジュール機能 ランク4

赤枠内にチェックが入ってることを確認し、「次へ」


スケジュール機能 ランク5

検索順位チェックは1週間に1度では少ないですが、毎日もしくは2〜3日に1度くらいで充分なようです。

お好みの内容に設定し、「次へ」


スケジュール機能 ランク6

キーワード順位に変動があったときにメール通知が欲しい方は設定します。

項目のどれかにチェックマークを入れると、画面下にメールアドレスの入力欄が出てきます。いらない方はスルーでOKです。

「次へ」をクリックし、


スケジュール機能 ランク7

好きな名前をつけて「完了」クリックすると、


スケジュール機能 ランク8

このようにスケジュールで実行するタスクが登録されます。

「OK」クリックして、おしまいです。

ちなみにRank Trackerを完全に閉じているとスケジュールは機能しませんので、その点だけご注意を!

検索順位チェックを50位まで→100位までにする

デフォルトでは検索順位チェックは50位までなんです。なので51位以下は全て圏外になってしまい、データが取れません。

ぼくは100位までのデータが欲しいので、設定を変えます。

その理由は、検索順位ランキングを見て

  • 記事のSEO効果がどれくらい出ているか
  • 記事に自分が狙った(思った通りの)キーワードがうまく設定されているか
  • 文章構成がうまくいってるか

の参考にしたいからです。

ではまず、下の画像のように


設定 最大検索数

「環境設定」→「ランク確認モード」をクリック。


設定 最大検索数2

確認する結果の最大数が50になっているので、これを100に書き換えて「OK」クリック。

これで次回の検索順位の取得時から適用されます。

セーフティ検索設定

簡単にいうとこれは、「Googleからブロックされないようにするための設定」です。

キーワードの検索順位をチェックするために、瞬時に機械的に大量にGoogleにアクセスすると警告もなく(Googleからの警告がないのか、他の何らかの理由で警告が表示されないだけなのかはちょっとわからないのですが。。)その操作をしてるパソコンがブロックされてしまうことがあるみたいなんですよ。アクセス拒否、みたいな。

「私はロボットではありません」で絵を選んで回避できればいいんですけど(それでもかなり煩わしいですが汗)、それが出ないでいきなりアクセスがブロックされてしまうこともあるようなんです。

Googleに自分のパソコンのIPアドレスが特定され、ブロックされる。。かなり厄介ですよね?

なのでセーフティ検索設定を調整して、Googleからのブロックを防ぎましょう!

それでこの設定に関して説明書にいまいち明言されてはいなかったのですが色々調べたところ、有料ライセンスならばセーフクエリモードがONになっていればいいみたいなんです。

具体的に見ると


有料 セーフティ検索設定

「環境設定」→「セーフティ検索設定」→「セーフクエリモード」をクリックし、


有料 セーフティ検索設定2

赤枠にチェックが入っていればセーフクエリモードがONになってます。

デフォルトでチェックが入っているようですが、もし入っていない場合はチェックを入れて「OK」クリックで設定しましょう。

これでGoogleからのブロックを防ぎ、安全に検索順位をチェックできます。

ただどうも検索できるクエリ(キーワード)の上限数はあるみたいなので、必要以上の検索順位の取得は控えた方が良さそうです。

無料でRank Trackerを使う場合の対処法

上記の方法は有料ライセンスのみの機能なので、無料でためす場合は使えません。

これも明言はされてないですが、公式サイトに書いてある以下の対処法はおそらく無料でRank Trackerを試したい人向けの設定方法だと思います。

セーフティ検索の設定を調整してください。ご存じの通り、検索エンジンは自動化された要求に敏感であり、CAPTCHAを導入して、場合によってはIPをブロックして、ロボットから送信されるクエリーでサーバーが過負荷になる予防手段をとっています。Rank Trackerで[環境設定 > セーフティサーチの設定]を選択すると、検索エンジンに優しく、ランクを確認する際にIPが検出されないようにするための設定が表示されます。最大100個までのキーワードを含むプロジェクトのランキングを定期的にチェックする場合は、以下の設定を適用することをお勧めします。

引用元:SEO PowerSuiteの「Rank Trackerのワークフロー」→「ランクトラッキング」→「ステップ6:環境設定の構成」

有料版ではセーフクエリモードをONにすると、自分のパソコンからではなく外部のサーバーから検索順位チェックを実行してくれるようになるみたいなんです。

無料版ではその機能が使えないので自分のパソコンから検索順位チェックを実行するんですが、そのときGoogleにブロックされないように調べる設定にするんです。

では、引用元に書いてある通りの設定を紹介します。


セーフティ検索設定

「環境設定」→「その他のグローバル設定」クリックで


セーフティ検索設定2

同時タスク数がデフォルトで5になってるので、これを3か4に変更し、「OK」クリックで完了させます。

次に、


セーフティ検索設定3

「環境設定」→「セーフティ検索設定」→「ヒューマンエミュレーション」クリックし、


セーフティ検索設定4

2つの赤枠のチェックボックスにチェックを入れ、「OK」で完了。

最後にもう1つ、


セーフティ検索設定5

「環境設定」→「セーフティ検索設定」→「CAPTCHA設定」クリックし、


セーフティ検索設定6

赤枠にチェックを入れ、「OK」クリックで完了!

これでひとまず最低限の設定は完了です。

SEO検索順位チェックツールとして問題なく使えます。

ここからはさらに便利に使うためのスティーブ的おすすめの設定を紹介していきます。

Rank Trackerの使い方〜スティーブ的おすすめ設定

Rank Trackerには、様々な素晴らしい機能がありまくります。

今、ぼくのおすすめはこれらです!

メモ

メモできるんです。

「え?そんなこと??」と思ったあなた!

実はこれ、すんごいんですよ!!

まず、「ターゲットキーワード」→「ランクトラッキング」の画面右上の


メモ

この四角のアイコンをクリック!


メモ2

するとこの画面が出てくるので、左側の赤枠「注意」のチェックボックスをクリックして画像のようにすると、右側に「注意」というカラムが出てきます。

ん?注意??

はい、注意でいいんです(笑)

あとはこれをお好みの位置にドラッグして下さい。完了したら「OK」クリックすると、


メモ3

こんな感じにキーワードごとにメモができるようになります。

超強力です。

今まで別のノートアプリに更新した時の情報とかをメモしてたんですが、実はかなり手間なんですよ汗

ですがこれでより詳しくしかも簡単にキーワード管理できます!!

ちなみに英語表示だとこの項目は「Notes」

これを訳した人が「注意」と訳したようですが、ぼくは「メモ」と訳します。脳内でw

キーワードの難易度・競合サイトTop10と自分のブログの比較

キーワードの検索結果に表示されるTop10のサイトと自分のブログの比較ができます。

これは強力ですよ!

まず、「ターゲットキーワード」→「ランクトラッキング」の画面で


キーワード難易度

画像のようにすると


キーワード難易度2

じゃん!!

こんな感じにTop10のサイトと自分のブログの分析が表示されるんですよ!!

ヤバくないですかこれ!?

で、表示されている項目の意味を赤文字で書きました。


キーワード難易度3

こんな感じです。

これらの数値を見比べれば、上位表示されているサイトと自分のサイトの違いは何なのかのヒントを得られます。

ページURLからサイトに飛んで、競合調査することもできます。

このランキングや数値を念頭に置きながら競合サイトを実際に見てみると、いろんなヒントや気付きがありまくります!

これって凄くないですか??

そしてぼくのブログはほんとザコ中のザコだとバレてしまいましたね(笑)汗

あと一斉に全てのキーワードの難易度を更新したいときは、キーワードの難易度を表示する項目に追加し、


キーワード難易度4

赤枠の更新マークをクリックすると下の画面が出ます。


キーワード難易度5

①のキーワード数が全キーワード数になっているか、②にチェックが入っているかを確認し、「OK」クリックで


キーワード難易度6

このように全キーワードの難易度が更新されます!

Rank Trackerの使い方〜まとめ

単に検索順位チェックだけじゃなく、狙ったキーワードで上位表示するのに必要なヒントを得るための機能が満載のこのRank Tracker

いい!!

ほんとすごくいい!!!

他にも色々わかり次第、情報追加していきます。

結果を出したいなら、迷わずRank Trackerで正解⭐︎(^o^)/

-便利ツール・プラグイン
-

© 2018 パソジユ!All Rights Reserved.